【EGM】第4話(アウトプットページ)


 
第4話「不定詞の中の文構造」

 
授業を受け終わったら、このページのコメント欄で学びや気付きをアウトプットして、特典講義を受け取ってください。

 

アウトプット特典を受け取る3つのステップ

次の3つのステップを踏まえて、アウトプット特典(その4)を受け取ってください。

1)第4話の授業を受ける
2)このページのコメント欄で学びや感想をアウトプットする
3)以下のリンク先にあるフォームから、特典音声を受け取る

あなたからの学びや感想の共有、楽しみにしています。
 
※学びや感想をアウトプットできたら、以下のリンク先からアウトプット特典(その4)を受け取ってください。
https://form.os7.biz/f/61777a9b/
 
 

学びや感想のアウトプット(第4話)はこちら

◆授業を聞いて感じたことは?
◆たとえ復習ができなくても、絶対に忘れたくない知識や考え方は?
◆これまでの30日で、どんな小さな変化があったのか?
◆次の30日で、どんな小さな変化にチャレンジするか?
◆森へのメッセージ

などを教えてください。

お名前(姓のみも可)

 
  1. A.Watanabe より:

    1.のby using wordsについて、今までは、usingを現在分詞として捉えていたことに何も疑問を持ちませんでした。ですが、今回、”動名詞”として捉えるべきであるという説明で納得しました。”Sが何なのかを意識する”という今回の講義でまた少し文法が分かりかけてきました。文法を意識していくと、英語で話すとき、書くときも最近はスムーズになってきていることを実感しています。

  2. Kaz より:

    文構造を考えていく途中でその中に出てくるTo不定詞などを考えるだけで頭を使いきってしまい、さらにその不定詞などの中の文構造を考えるだけの余裕がまだまだないと分かりました、なかなか進歩しません。

  3. 池田和子 より:

    遅れて学習中なので既に解決している疑問かも知れませんが腑に落ちない点が有ります。

    例文2. You seem to find it amusing to spread false information, but the saddest part is that there are people like you that actually believe it.  

    【訳】あなたは間違った情報を広める事が面白いことだと思っているように見える。
       けれども最も悲しいことは貴方のように間違った情報を実際に信じてしまう人もいることだ。

    but the saddest part is that there are people like you that actually believe it.のit
    について

    前置詞句like youも 関係詞節that actually believe it も二つともpeopleに掛かっているとするならば、
    peopleは「あなたのような人」であり、かつ同時に「実際にit を信じてしまう人」ということになります。
    You (seem to) find it amusing to spread false information
    あなたは「間違った情報を広める事が面白いことだと思っている人」です。
    そう考えると itは「間違った情報を広める事が面白いこと」ではないかと思うのです。

    すると
    there are people like you that actually believe it.
    「あなたのように実際に間違った情報を広める事が面白い事だと信じている人々がいる」

    そう考えてbut 以下を訳すと下記のようになりました。
    but the saddest part is that there are people like you that actually believe it.
    「けれども最も悲しいことは 貴方のように間違った情報を広める事が面白い事だと信じている人々がいることだ。」

    こう考えるのは間違いでしょうか?

  4. 當間 より:

    仕事や家庭の事で忙しく、1日1つの例文をこなすのがやっとで、今日やっと一通り第4話を視聴しました。文構造を考えたり、動詞が姿を変えた時にも動詞としての役割、働きを考えることなど、まだまだ出来ていないと感じています。1つ1つの例文を自分の中でじっくりかみ砕く作業が足りないと思います。1つ1つにじっくり取り組まねば、、、と思っているところです。

  5. ohba より:

    いつもお世話になります。なかなか集中して時間を取ることができず、やっと第4話を視聴しました。どの文も基本的なことが、まだまだ理解できていないと思います。文構造のとらえかたと、話すときも読むときも、動詞を常に考えることを、意識していきたいと思います。

  6. ピーチ より:

    4番は関係詞っぽいけど、完全文に思えたので、どんな文構造だろうと疑問に思ってました。意味を直訳はできるが、いまいち言っている意味がわからず、言い換えができません。

  7. watanabe より:

    他動詞が形を変えたときの目的語探し、不定詞のなかの文構造の考え方など、まだまだ思いつかないことが多いです。
    そして、意味を考えながらの文構造理解、ひとつクリアするとおろそかになってる部分があったり、
    なんとなくで流していることが多いと再確認。
    でも、文章を細かく見すぎると、目的と手段が逆転してしまいそうになります。

  8. 森達郎 より:

    >杉澤さん

    >EGМ第4話の内容が一番難しく感じました。EGAの講義を何度も聞かなければならないと思いました。森先生がどこかで説明されていた!とわかる事は多々ありますが、ある文構造の中に違う文構造が様々入っているのを理解するのはまだまだです。

    こういう感想もとても参考になります。「簡単だった」「難しかった」だけでも、次回以降の授業に活かせるので。

  9. Kazu Ohta より:

    副詞的用法の不定詞中で他動詞の目的語が、文頭の主語と一致してかつ形容詞を修飾する場合は、
    例外として不定詞中の目的語を書かない。これかな!

  10. とまと より:

    会員サイトにして頂いてありがとうございます。再生速度の調整が簡単になりました。
    例文4のyourselfが副詞で不完全文の一部で例文1のyourselfは目的語として機能しているんですね。例文1でyouではなくyourselfである特別な意味があったのでしょうか?難しいですね。

  11. 杉澤 より:

    EGМ第4話の内容が一番難しく感じました。EGAの講義を何度も聞かなければならないと思いました。森先生がどこかで説明されていた!とわかる事は多々ありますが、ある文構造の中に違う文構造が様々入っているのを理解するのはまだまだです。

  12. かよこ より:

    何度か聞いていても時がたてば忘れているもの結構あると実感しました。
    目的語を書く必要があるもの書かないもの、他にも色々あります。
    この1ヶ月でちゃんと理解できるようになりたいです。