読解力・表現力・TOEIC・英検など
2024年こそ、英文法と英語の
ステージを変えたいあなたへ

2日間限定の特別案内

 

あなたはなぜ英文法を学んでいますか?

 
森達郎です。
  
 
今、この手紙を読んでいるということは、あなたは英文法を身に付ける必要性を理解しているということだと思います。
 
 
そんなあなたに、私から質問があります。あなたは、なぜ英文法を学んでいますか? 私のところへ日々寄せられるメッセージを読んでいると、その目的は人それぞれ様々なようです。例えば……
 
 
「英文を間違って解釈してしまうから」
 
「自分の表現に自信が持てないから」
 
「 TOEIC や英検で伸び悩んでいるから」
 
「英文法への苦手意識があるから」
 
「学生時代のやり残しを消化したい」
 
「家族や友人の役に立てるように」
 
 
といった声がたくさん届いているのですが、あなたにも似たような気持ちがあるのではないでしょうか? でも実は……
 

英文法は必要ありません
私たちが日本人でなければ

 
「英文法は必要ない」という言葉でドキッとさせてしまったかもしれませんが、これはあくまでも「私たちが日本人でなければ」という条件付きです。
 
 
あなたもご存知のように、日本語と英語には「大きな亀裂」がありますよね?
 
 
もっとも代表的な違いは「動詞と目的語の順番」ではないでしょうか? 例えば「バター取ってもらえる?」と表現する場合。
 
 
日本語では「バター → 取る」のように「目的語 → 動詞」という順番ですが、英語では “Could you pass me the butter, please?” のように「動詞 → 目的語」というまったく逆の順番になりますよね。
 
 
また「被修飾語と修飾語の順番」も大違い。
 
 
「彼が作ってくれた夕食」と表現する場合、日本語では「修飾語(彼が作ってくれた)→ 被修飾語(夕食)」という順番ですが、英語では “the dinner he made me” のように「被修飾語( dinner )→ 修飾語( he made me )」という順番になります。
 
 
このように、日本語と英語の語順には「大きな亀裂」があり、これが私たち日本人にとって英文法が必要不可欠な理由です。
 

どんなに正しい行動も
順番を間違えると逆効果

 
こうした日本語と英語の間にある「大きな亀裂」の橋渡しとなるのが英文法ですが、その土台がグラグラなままだと、自信を持って歩いていくことができないのは当然です。
 
 
確かに、
 
 
「読解力を伸ばすために、長文を読まなくちゃ……!」
 
「表現力を伸ばすために、英作文をしてみよう……!」
 
「思い切って、海外に留学してみよう……!」
 
 
といった気持ちもわかりますが、そういった行動を土台がグラグラなまま進めるのはあまりにも危険です。
 
 
どんなに正しい行動でも、順番を間違えると逆効果。まずは英文法(語順のルール)という橋の土台をしっかり固めた上で、読解や表現の練習をしていきましょう。
 
 
では、どのように英文法を学んでいけばよいのか? 続いては、その具体的な方法をお話しします。
 

英文法の正しい勉強法とは?

 
学生時代の失敗を繰り返さないよう、英文法を学ぶときには、次の3つのポイントを押さえておくのが効果的です。

1. 品詞と文型に沿って学ぶ

「品詞と文型」や「自動詞と他動詞の違い」は、英文法のイントロ(導入)ではありません。これは口を酸っぱくして言っておきたい。
 
 
多くの授業や市販の参考書などでは、こうした基礎を最初にチョコチョコっと扱って、それ以降はほとんど強調されない……ということがあまりにも多すぎます。
 
 
けれども、あなたもお気付きだと思いますが、「品詞と文型」「自動詞と他動詞の違い」こそ英文法のコア(核)です。
 
 
不定詞、関係詞、分詞構文……どんな単元や表現でも、品詞と文型に沿って学ぶ。ここを踏み外すと、すべてが総崩れになってしまいます。

2. 論理的・体系的に学ぶ

また、結果が出ない人は、断片的な丸暗記が大好物な傾向にありますが、読解力・表現力に繋がる文法力を身に付けるためには、論理的・体系的に学んでいく必要があります。
 
 
そもそも、英語そのものが(特に語順の面で)論理的な言語なので、論理的に学んでいない時点で、英文法を学んですらいないとも言えます。
 
 
論理的に学ぶとは「なぜ?」に注目しながら学ぶということ。それを説明してくれない授業や教材では、英文法を学ばないよう強くおすすめします。

3. アウトプットを前提に学ぶ

また、「アウトプットを前提に学ぶ」というのも重要なポイントです。例えば、
 
 
・学んだことを自分の言葉でまとめる
・誰かに説明してみる
・英文法を使って英作文をしてみる
・文法問題を解く

 
 
といった行動はすべてアウトプットです。質の高いインプットは確かに重要ですが、同時に、学んだ英文法をアウトプットできる環境も構築する必要があります。
 

長期視点 vs. 短期視点

 
そして、こうした「正しい方法」で英文法を学ぶときの前提になるのが「長期視点」という姿勢です。
 
 
長期視点と短期視点、どちらの方が結果に繋がるかと言えば、もちろん長期視点ですよね。
 
 
学生ですら、数年間かけて英文法を身に付けていくのですから、私たち大人が「ほんの数ヶ月で英文法をマスターしよう」というのは、見込みが甘すぎます。
 
 
これまでにEGAを振り返ってみても、結果を出しているのは、すべて長期視点で英文法に取り組んだ人たちです。
 

完璧主義を捨てて
自分の不完全さを受け入れる

 
私も昔は完璧主義だったのでよくわかるのですが、はっきり言って、完璧主義は悪癖です。
 
 
あなたがどうかはわかりませんが、英語学習に真剣であればあるほど、
 
 
「予定通りに進められない自分はダメだ……」
 
「すべてを理解してからじゃないと、次へ進みたくない」
 
 
といった気持ちが湧いてくることも、ときにはあるかもしれません。
 
 
けれども、完璧を求めすぎると継続することが辛くなってしまいますし、場合によっては、枝葉末節(本質から外れた細かなこと)にこだわり過ぎている可能性もあります。
 
 
長期視点を実践していくときに重要なのは、完璧主義を捨てて、自分の不完全さを受け入れること。それでこそ、余計な摩擦なく、自然体で学習を進めていくことができます。
 

英文法には終わりがある
〜ルールは有限〜

 
ただ、長期視点が必要不可欠な一方で、英文法には終わりがあります。なぜなら、英文法とは「語順のルール」だから。
 
 
スポーツでも仕事でも、ルールを学び続ける人はいないですよね?(もちろん、ルールを無視して練習しても、上達はありえませんが。)盲点になりがちですが、ルールは有限なのです。
 
 
「終わりがある」ということがわからないままだと、続けるのが辛くなってしまいがちですが、会話や読解、ライティングなどの練習に比べると、英文法には明らかな終わりがあるのです。
 
 
こうした背景を踏まえて、私からあなたに一つ提案があります。
 

English Grammar Academy
– special edition –
特別案内

 
これまで English Grammar Academy で学んだ人たちからは、
 
 
「念願の英検1級に合格しました!」
 
「一年前に比べて、TOEICのスコアが300上がりました!」
 
「メールで文章を書くのが苦にならなくなり、会話も驚くほど上達しました!」
 
「長い文章の意味が取れるようになって、気持ちいい!」
 
「英会話のスキルもどんどん上達し、子供に英会話を教える仕事につけました!」
 
「 IELTS の writing スコアが6から7.5に上がり、無事に留学できました!」
 
「志望校(某旧帝大)の大学院に合格し、大好きな研究に打ち込んでいます!」
 
 
などなど、様々な事例のレポートをいただいてきました。
 
 
ただ、その一方で、「最後の方は難しくて止まってしまった……」という人がいたことも、私としては向き合うべき事実だと思っています。
 
 
そこで、こうした課題を解消して、英文法の基礎を徹底的にマスターするために改訂したのが EGA – special edition – です。
 
 
詳しい内容はこのあとお伝えしますが、EGA – special edition – では、従来のEGAで扱っていた「中〜上級者向け」の内容を、初心者〜中級者が英文法を徹底的に復習できるコンテンツと環境に一新しました。
 

メインコンテンツ

(1)論理的・体系的な動画授業

一年間のカリキュラムのうち、最初の半年はインプット中心( in : out = 7 : 3 )で進めていきます。
 

第一部「基礎との出会い」(1ヶ月目~)
 
「品詞と文型」「不定詞の基礎」「分詞」「動名詞」「関係詞の基礎」「形式主語構文」「間接疑問文」「受動態」

一部ご紹介すると……

▶ All you have to do is come here.
▶ I thought I told you not to leave your coffee cup lying there.
▶ I admire how you use your humor in expressing your views regarding social and moral issues.

など、全169文の「実際にも使えるリアルな英文」について、文構造・意味・考え方をすべて論理的に解説していきます。

第二部「英文法の名所めぐり」(4ヶ月目~)
 
「不定詞を深める」「関係詞を深める」「so that 構文」 「助動詞」「仮定法」 「分詞構文」

一部ご紹介すると……

▶ She just has a crush on a guy who she knows is unmarried.
▶ That pavement under the bridge is already too narrow for pedestrians to pass each other.
▶ A lot of you wouldn’t have the problems you have if you didn’t depend on people emotionally.

など、全100文以上の実際に使えるリアルな表現について、ここでも文構造・意味・考え方をすべて論理的に解説し、文法力(語順を把握する力)に磨きをかけていきます。

 
(2)英文法に沿った英作文と解説セミナー

前半の経験を踏まえて、後半はアウトプット中心( in : put = 3 : 7 )で進めていきます。
 
 
とはいえ、必ずしもすべてをアウトプットできる必要もありません。日によっては、サポートメールをクリックするだけでも、英文法の復習になるような内容になっています。
 

第三部「英作文と解説セミナー」(7ヶ月目~)

第一部「基礎との出会い」で学んだ内容を、第一部とは異なる題材で復習していきます。例えば、

「明日お見せしますよ、新しいシャツを。最近買ったね。」

参考語句 ( show / I / tomorrow / will / my / shirt / you / bought / new / I / recently ) .

といった「英語の語順になった日本語」と「参考語句」を題材に、英文法(語順のルール)に沿って英作文をしていきます。

▶︎ 英作文のお題(週10文/全90文)
▶︎ 英文法の解説セミナー(動画/全9回)
▶︎ 忙しい人のためのメールレッスン(全90通)
▶︎ 英文のオーディオ
▶︎ 英文の類似表現(メール+PDF)

といった内容で、英文法を「思い出す回数」を増やしていきます。

第四部「英作文と解説セミナー」(10ヶ月目~)
 
第二部「英文法の名所めぐり」で学んだ内容を、第二部とは異なる題材で復習していきます。具体的には、

「よっぽど重要だと思うんだよね、あなたが何をするかの方が。どれだけ語るかよりもね。」

参考語句 ( more / important / how / is / do / than / what / eloquent / it / you / I / are / think / you ) .

といった「英語の語順になった日本語」と「参考語句」を題材に、英文法(語順のルール)に沿って英作文をしていきます。

▶︎ 英作文のお題(週10文/全90文)
▶︎ 英文法の解説セミナー(動画/全9回)
▶︎ 忙しい人のためのメールレッスン(全90通)
▶︎ 英文のオーディオ
▶︎ 英文の類似表現(メール+PDF)

といった内容で、英文法を「思い出す回数」を増やしていきます。

 
(3)個別質問サポート(一年間/回数無制限)

動画講義やサポートメールとは別に、個別質問サポートを一年間行います。このサポートは、あなたの英文法についてのどんな質問にも、私が個別に回答していくものです。
 
 
さらに、質問内容はEGAに関することに限りません。市販の参考書や問題集の解説が頼りないことは、私もよく知っていますので、お手持ちの参考書や問題集からの質問でもOKです。
 
 
つまり、私(森達郎)があなた専属の家庭教師として一年間、あなたの英語学習をサポートしていきます。
 
 
※個別質問サポートは一年間ですが、動画講義そのものには視聴期限はありません。
 

8つのボーナス特典(副教材)

 
メインコンテンツ(1)(2)(3)によって、あなたの英文法の記憶は一生忘れられないものになるでしょう。ただ、学習意欲の高いあなたが英文法を終わらせるためなら、私もできる限りのことをしたいと思っています。
 
 
そこで、今回のご案内では、次の8つのボーナス特典をお渡しすることにしました。
 
 
ボーナス特典1 – オンライン勉強会(月1回・計12回)

EGAでは月に一度、オンラインで勉強会(自由参加)を行なっています。基本的には毎月最終金曜日の20:00〜21:30で、参加できなかった場合には、後日、録画版も公開します。
 
 
オンライン勉強会の目的は、英文法の復習をすることはもちろんのこと、直接対話をすることで、あなたの現状の課題や不安を確認し、それらを解消できる状態にすることです。また、「他の参加者からの刺激があるので、次の1ヶ月も頑張れる」といった声も毎月聞こえています。
 
 
月に一度のオンライン勉強会で、学習ペースや方向性を確認・修正していきましょう。

 
ボーナス特典2 – 記憶の旅「海外旅行編300」

英文法と並ぶ英語の基礎と言えば「英単語」ですが、なかなか覚えられなくて苦労している人も多いことでしょう。
 
 
実際、市販の単語帳などでは、英単語の意味しか載っていなかったり、仮に例文が載っていたとしても、「そんな例文、実際に使う場面ないよ……」というものばかり。
 
 
そこで、海外旅行で使う確率の高い英単語を300個厳選し、それらを「普段使いできる例文」で覚えていくプログラム「虫食い英単語〜記憶の旅〜」をボーナス特典としてご提供します。(実際に有料で販売していた教材です。) 
 
 
「空港までのタクシーは flat rate だから安心だね。」
 
「待たせちゃってごめんね。traffic jam がすごくて。」
 
「最短ルートを search for しておきますね。」
 
 
というように、日本語と英語が混じった例文によって、英単語の「意味」と「実際の使い方」を記憶に残していく、独自のプログラムです。なお、例文のすべてに動画・音声・PDFが付いています。

 
ボーナス特典3 – 記憶の旅「句動詞150」

bring back(を持ち帰る)や come across(に出くわす)といった、「他動詞+副詞」「自動詞+前置詞」の組み合わせによって意味を成すものを句動詞と言います。
 
 
こうした句動詞は、日常的にも非常によく使われる一方で、なかなか覚えにくいものですよね。
 
 
そこで、特によく使う句動詞を150個厳選し、ボーナス特典2と同じように、「普段使いできる例文」で覚えていくプログラムを開発しました。(こちらも実際に有料で販売していた教材です。)
 
 
「お土産を bring back するから楽しみにしててね!」
 
「旅をしていると、普段とは違った出来事に come across するものです。」
 
「来週の焼肉パーティには take part in しますか?」
 
 
というように、日本語と英語が混じった例文によって、句動詞の「意味」と「実際の使い方」を記憶に残していくプログラムです。こちらも、例文のすべてに動画・音声・PDFが付いています。

 
ボーナス特典4 – 製本テキスト(計100ページ以上)

EGAのテキストは、メンバーサイトからPDFでダウンロードしていただけますが、それとは別に、希望者には製本したテキストを郵送しています。
 
 
和訳・英文・書き込みスペースを合わせると、合計100ページ以上になるので、製本テキストがあることによって、印刷の手間を完全になくすことができます。また、手元にテキストがある方が、手を動かしながら学習できるので、記憶にも残りやすいといったメリットもあります。
 
 
※送料は国内は無料ですが、海外発送の場合のみ、送料4,000円(税込)をいただいています。

 
ボーナス特典5 – 大人の講習会・完全保存版(非売品)

過去に行った講習会の参加者アンケートでは、平均17,565円の価値があると言ってもらっています。(中には「10万円以上の価値がある」と答えてくださった方もいますが、そうした外れ値は、平均値の計算からは除いています。)
 
 
毎回、講習会は期間限定公開ですが、EGAに参加するあなたには、学びの機会を最大限提供したいと考えています。そこで、過去に開催した講習会の中から、次の3つを「完全保存版」としてプレゼントします。
 
 
▶︎ 大人の新春講習(全3話)「第5文型を串刺しにする」
▶︎ 大人の春期講習(全3話)「2つの that を見極めろ」
▶︎ 大人の夏期講習(全3話)「関係詞の基礎固め」
 
 
一般には公開されていない特別な授業(合計50,000円相当)を、視聴期限なく学べる優越感に浸りながら、ゆったりと復習してください。

 
ボーナス特典6 – 各単元の文法クイズ(PDF/解説付き)

こちらは、実際の参加者からのリクエストで生まれたボーナス特典です。
 
 
「講義の内容は理解できるけれど、身に付いているかどうかわからない……」という不安を解消し、「わかる」から「できる」へジャンプするために、各単元の文法クイズ(PDF/解説付き)をご用意しています。
 
 
もちろん、解説も私が書いています。「なぜ、その選択肢が正解なのか?」だけでなく「なぜ、他の選択肢は不正解なのか?」についても丁寧に解説していきます。これだけでも、市販の参考書とは比べ物にならないほどの濃い教材になっています。

 
ボーナス特典7 – 個別質問サポートの合計4ヶ月延長

学習意欲の高い人なら、「一年間のサポート終了後も、困ったタイミングで質問したい」という気持ちがあると思います。
 
 
正直に言うと、個別質問サポートには時間的なコストがそれなりにかかるので、サポート期間を増やすことによって「一人ひとりへのサポートが粗くなってしまわないか?」という不安が私にはありました。
 
 
ただ、一方で私は、EGAに参加する人には、英文法を「一生忘れられないレベル」で身に付けて、英語そのものへの大きな自信を手に入れてほしいと思っています。
 
 
そこで、今回のご案内で EGA に参加する人には、個別質問サポートを合計4ヶ月延長して提供することにしました。
 
 
ただし、このボーナス特典には一つだけ条件があります。
 
 
それは、講義を受けて学んだことや気付いたこと、感想などを、専用のフォームからアウトプットすることです。EGAのメンバーサイトには、各単元にアウトプットをするフォームを設けているので、そこから投稿してください。各パート(第一部~第四部)のアウトプットが完了するごとに、個別質問サポートを1ヶ月ずつ(合計4ヶ月)延長します。
 
 
アウトプットすることを前提に学ぶと、学習効果が大きく上がることは、数多くの研究でもわかっています。あなたに英文法を身に付けてほしいという一心でご用意した、ボーナス特典です。

 
ボーナス特典8 – EGA生限定のメールマガジン

EGAには、英文法の必要性を理解した人たちがたくさん集まっています。そのため、多くの生徒さんが個別質問サポートを積極的に活用していて、いただくご質問の中には、あなたにも役立ちそうな内容がたくさんあります。
 
 
そこで、他の参加者たちの視点も借りながら学習を進められるよう、いただいたご質問と私の回答を「EGAの受講生限定のメールマガジン」で共有していきます。
 
 
なお、質問の共有可・不可については、質問をする際にお選びいただけますので、ご安心ください。
 
 
こうしたボーナス特典(副教材)を加えることで、あなたの英語学習を万全の体制でサポートしていきます。
 

EGAの参加費

 
English Grammar Academy の正規の参加費は396,000円(税込)で、12分割でのお支払いであれば月33,000円(税込)となります。
 
 
ただ、みなさんからのメッセージを読んでいると、大人になった私たちが英文法を論理的に学び直せる環境がないということも、私は理解しています。
 
 
実際、これまでにも、
 
 
▶︎「森先生に出会ってなかったら、まだ、英文法の迷子のままだったでしょう」(Y・Mさん/原文ママ)
▶︎「暗記するしかないと思っていた英文法を、論理的に説明する森先生の講義に感動しました」(T・Sさん/原文ママ)
▶︎「あんなに苦手だった文法なのに、毎回観ていてあっと言う間に時間が過ぎています」(S・Kさん/原文ママ)
 
 
といった声を本当によくいただいています。
 
 
そこで、基礎固めセミナーで学ばれた学習意欲の高い方には、期間限定とはなりますが、次のような参加費でEGAをご案内します。
 
 
通常コース(個別質問サポート:あり)
26,4000円(税込)

動画講義コース(個別質問サポート:なし)
198,000円(税込)
 
 
「今の流れに乗って、2024年こそ、英文法と英語のステージを変えたい!」という気持ちがあれば、ぜひご参加ください。
 

 
お支払い方法は、銀行振込は一括払いとなります。クレジットカード決済( PayPal 決済)は、一括・3分割・6分割・12分割に対応しています。
 

全額返金保証について

 
なお、これまで私の授業やメールで学んできた方なら、「そんなの必要ありませんよ」という気持ちもあるかもしれませんが、EGA -special edition – には「全額返金保証」をお付けします。
 
 
なぜなら、参加者には英文法の学習にできるだけ集中してほしいから。金銭面での不安を最小限にした上で、EGA -special edition – を学んでほしいと思っています。
 
 
EGAの授業を一通り受けて、メンバーサイト内のフォームからアウトプットをし、それでも本当にEGAがお役に立てなかった場合には、参加から1年1ヶ月以内にメールでご連絡ください。ご指定の口座に全額返金いたします。
 
 
確かに、こうした返金保証は、私にとってはデメリットしかありませんが、それよりも、あなたが英文法に集中できるかどうかの方が、はるかに重要だと考えています。
 

よくある質問

Q1. 学習時間の目安はどれくらいですか?
復習する時間も含めて、週に2時間(一日20分)ほどあれば、丁寧に進めていける構成になっています。
 
また、どうしても時間を取れない月が出てくれば、「サポートメールの一時停止」という個別対応をすることは可能です。大手スクールのような量産型サービスではないからこそできる、きめ細やかなご対応です。
Q2. できるだけ早く進めたいのですが、「先取り学習」は可能ですか?
はい、可能です。具体的には、メンバーサイトへの会員登録後、すべてのコンテンツ(動画授業・PDF・音声)が視聴可能になるよう、個別設定をさせていただきます。試験などの兼ね合いで、先取り学習をご希望の場合には、「先取り学習希望」との旨をメールでお伝えください。
Q3. スマホからでも視聴できますか?/複数の端末からでも視聴できますか?
はい、EGAのメンバーサイトはスマートフォン対応ですので可能です。また、お申し込み後に発行するご自身のユーザー名・パスワードで、スマホ・パソコン・タブレットなど、いずれの端末からでも視聴可能です。
Q4. 中学英語の勉強を始めたばかりですが、大丈夫でしょうか?
EGAで扱う英文は、初心者がより取り組みやすく、中級者の学びがより深まるように、かなりの時間をかけて吟味しています。全体の構成も、徐々にステップアップして行けるような流れに設計しているので、ご安心ください。手前味噌ですが、「EGAで無理なら、英文法は無理」と言える内容になっています。
Q5. 領収証は発行してもらえますか?
はい、PDFにて発行可能です。インボイス制度に従って、適格請求書発行事業者の登録番号も記載しています。
Q6. 動画講義には視聴期限はありますか?
動画講義に視聴期限はありません。ご自身のペースで繰り返し何度でも復習していただけます。
Q7. 個別質問サポート(1年間)では、EGAの内容以外についての質問も可能でしょうか?
はい、可能です。お手持ちの参考書や問題集についての疑問や、解説でわかりにくいところがあれば、何でもご質問ください。
Q8. EGAは大学受験にも役立つでしょうか?
間違いなく役立つと思います。私自身、大学を卒業してから約8年間、高校生や受験生に対して授業を行っていましたが、英文法への理解がメチャクチャなために、なかなか伸びない生徒をたくさん見てきました。逆に、英文法への理解ができている生徒は、読解力も表現力もどんどん伸びていく傾向にありました。
Q9. 現在、いくつかの教材で学んでいるのですが、同時に受講してもよいものでしょうか?
一番重要なことなので初めにお伝えしている通り、どんなに正しい行動でも順番を間違えると逆効果です。英文法は理解力(読む・聞く)と表現力(話す・書く)の土台となるものですので、まずはEGAでしっかりと英文法を固めることをお勧めします。英文法を身に付ければ、お手持ちの教材での勉強が有意義なものになると思います。
Q10. 海外に住んでいるのですが、受講できますか?
はい、ネット環境さえ整っていれば、海外からでも受講できますのでご安心ください。実際、これまでに、アメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリス・ドイツ・香港・シンガポールなど、海外在住の方も参加されています。
Q11. 印刷版テキストは海外へも発送してもらえますか?
EMS(国際スピード郵便)を使って郵送しております。ただし、郵送料として別途4,000円(税込)をご負担いただいております。国内発送の場合には、郵送料はかかりません。
Q12. 講師をしています。教えるスキルの向上にも役立つでしょうか?
これは手前味噌になりますが、EGAの授業は教え方も含めてものすごく参考になると思います。英語を学ぶ多くの生徒は「単なる暗記」に抵抗があり、多くの先生は「なぜそうなるのか?」を論理的に説明できていません。EGAの授業で「どういう展開で説明するか」を学べば、生徒さんのやる気と結果にも大きく繋がることでしょう。

追伸

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
 
 
ここまでお読みくださったあなたは、EGAの過去の参加者と同じように英文法を身に付けて、あなたが求めている結果や変化を手に入れていくことでしょう。
 
 
そうした理想の未来へ向かう過程を、あなたと共に歩んでいけることが、私にとっては何にも代えがたい喜びです。
 
 
私は、英文法があなたの大きな力になれると確信しています。ぜひEGAで一緒に成長していきましょう。
 
 

 

– 特定商取引法に基づく表記 –